2013年11月アーカイブ

自動ブレーキで止まらない

| トラックバック(0)
最近の自動車はすごいですよね。
ちょいと前にニュースでやっていましたけど、
トヨタとか日産とかが、
自動運転の実証実験をおこなって、
安倍総理がそこに同席し、
日本の技術は世界一!!!!
みたいなことを言っていました。

まぁそれが本当かどうかはわかりませんが、
世界一ではなくても、世界最低でもないでしょう。

アメリカではIT企業で、スマートフォンで有名な
グーグルが自動運転実証実験を行い、
実際に公道を走らせて実験を成功させたりしていますしね。

で、それ以外にも自動車の安全装置というのも
最近は進化しており、
低速度域で、自動で自動車を停止させるという技術。
いわゆる自動ブレーキというのが、搭載されるのが当たり前
というような時代になりつつあります。

で。
この自動ブレーキというのが、間違いの元なんですね。
自動ブレーキという名前。
これ間違いなんです。
自動ブレーキ補助装置
とでもいうのが妥当なんですね。

なぜかというと、ブレーキ操作を自動で行ってくれるのは、
速度域がある一定の速度以下と決まっているからです。
要するに、都市部でよくある渋滞とか、
信号待ちとか、そういうところで間違って前の車に突撃しない。
そのために存在するようなものなんですね。

というわけで、速度を超過して突撃すると、
当然とまらないで、ぶつかるわけです。

先日埼玉で起きたマツダの自動ブレーキ試乗会の事故は、
速度を超過して突撃して、ブレーキがかからなかった。
ということで、事故となりました。

自動ブレーキ
という名称を変えるべきではないでしょうか。
まったくもって間違った認識を与えると思います。

このアーカイブについて

このページには、2013年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年9月です。

次のアーカイブは2013年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.01
<オススメサイト一覧>
サントリーの青汁
全身脱毛のお勧めサロン