中国市場の崩壊

| トラックバック(0)
まぁ、崩壊といっても
あそこまで成長したんだから、
昔みたいな、
自転車大国になる
っていうことではないですね。

ただ、崩壊は確実にはじまっていて、
それはもう止めることはできません。

できないんです。

いままでもずっといわれていたわけですよ。

中国経済は、見かけ上の経済発展を続けるために
財政出動をし続けた結果であると。
つまり、カンフル剤をうちまくり、今の経済が発展して、
経済大国になったと。

そういうことなんですよね。

でも、そのカンフル剤がもう効果を表さなくなってきました。

ご存じの通り、あちらこちらで
意味もなく行われた公共事業、インフラ工事。
つくるだけつくられたビル群。
誰も人がいないゴーストタウンならぬ、ゴースシティ。

それが大量に存在し、
都市部から、無職となった人間がどんどんと農村部に戻り
そして、それが更に景気の悪化をうむ。

自動車の販売も一気に落ち込んでいるわけですよ。
自動車販売が落ちるというのは、
庶民がお金を払わなくなった。
あるいは、払えなくなってきたということです。

さて。。。
これから、どうなるんですかね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sakamotoyoshiyuki.com/mt-tb.cgi/116

このブログ記事について

このページは、morimoriが2019年1月23日 11:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「差し押さえ」です。

次のブログ記事は「0円」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.01
<オススメサイト一覧>
サントリーの青汁
全身脱毛のお勧めサロン